あなたに合った車の売却プランがわかる!車ウルウルクラブ

車の3つの売却方法とそれぞれの日数

車の売却方法には、様々な種類があります。一般的には車買取店がクローズアップされる事が多いですが、ネットオークションなどもその1つなのです。そしてそれぞれの売却方法には、スピードに関する違いがあります

 

一番時間がかかるのはオークション

 

大きく分ければ、売却方法は3種類になるでしょう。委託販売と車買取とオークションです。

 

前述のようにその3種類にはスピードの違いがある訳ですが、上記の中で最も多くの日数を要するのはオークションです。そもそもオークションというのは、即日での売却は少々難しいですね。落札が数日ほどかかる事も多いですし、落札された後にも色々な手続きが必要になってきます。

 

またオークションの場合は、様々なトラブル防止対策が必要になります。特に契約書面などを作成するのは、考えている以上に手間がかかるものです

 

オークションよりは日数が少なめな他の2つの方法

 

それに対して車買取店の場合は、それほど多くの日数がかからない傾向があります。買取店によっても異なりますが、たいていの所では数日以内に売却手続きが完了するのですね。早いお店の場合は、即日に売却が完結する事もあります。

 

また委託販売の場合は、車買取店よりは日数がかかる事が多いです。少なくとも即日での売却は難しいですが、早ければ数日前後で売却が成立します。

 

ただそれも状況次第で、人によっては売却確定までに数ヶ月ほどかかっている事もあるのです。基本的には車のスペックなどに左右されると考えて良いでしょう。それでもオークションに比べれば、日数は少なめな傾向があります

つまりその3つの売却方法をスピードが早い順に並び変えれば、車買取、委託販売、オークションになるのですね。売却金額よりもスピードを求めるのであれば、やはり車買取店が良いでしょう。

参照サイト様:フィットの買取・下取りに関する得する情報!売却前にチェック

車買取りのお店によっては、来店客の車を業者オークションに流しています。もちろん利益目的の為にその会場での落札を目指すのですが、ちょっと興味深いデータがあるのです。オークションでは、実は低年式の車は意外と高く評価されている傾向があります。

 

10年落ちの方が高く評価されやすいオークションでの落札

 

オークションで落札されている車は、もちろん非常に多彩です。高年式の車もあれば、その逆のタイプの車もあります。
年式を考慮すれば、一般的には高年式の方が有利に見えますね。買取会社としても、低年式車はちょっと敬遠している傾向があるのです。お店によっては、10年落ちの車は有料の引き取りになってしまう事もあります。
ところがオークションの会場の場合は、話は別なのですね。落札されている全ての車の中で、約30%前後は10年落ち以前の車なのだそうです。
具体的に申し上げると、2,004年よりも前に販売されている車の落札件数が非常に多いのですね。業者オークションでの全ての落札件数が、1万件だとしましょう。その中の3,000件くらいは、2,004年よりも前に販売された車なのだそうです。つまり業者オークションに参加している会社の方々は、10年落ちの車を案外と高く評価している事が多いのですね。正直ちょっと意外なデータだと思います。

 

業者にとっては10年落ちの車の方が落札やすい一面も

 

しかしそれには、きちんと理由があるのですね。そもそも2,005年以降に販売された車の場合は、ちょっとお店で販売するのも難しい事があります。というのもマーケットでは、一般的に高年式車は高く評価される傾向があるのです。それでお店に並べて販売する時の金額も、ちょっと高くならざるを得ないのですね。ですので車の落札者にとっては、ちょっとそれは購入しづらい一面があるのだそうです。
逆に低年式車の場合は、お店で低い金額で売る事もできるでしょう。却ってその方が売りやすいので、オートオークションでは低年式車の落札件数も多くなりがちなのですね。
買取店で車の査定を受けるとなると、10年落ちは確かに厳しいです。しかし中には10年落ちの車を買い取ってくれるお店もあるのですが、そのような所に限ってオートオークションを利用している事も多いのでしょう。「オートをオークションに流せば、たとえ10年落ちの車でも落札される」等と考えているからです。
ただ車の売り手としては、正直どの業者がオートオークションと提携しているかはよく分からないでしょう。結局は複数のお店で査定を受けて、10年落ちの車でも買い取ってくれる所を探すしか無いと思います。

続きを読む≫ 2015/06/19 18:49:19

車の中には、とても小回りが利くタイプがあります。そのような車の場合は、総じて細い道に強いことが多いですね。大型の車ではなかなか通れないような道でも、小回りが利くタイプであれば簡単に通ることができます。
分かりやすい例で申し上げれば、バイクなどはその1つです。自動車に比べれば明らかにサイズが小さいので、それだけ細い小道なども通りやすくなる訳ですね。とても軽快に走ってくれるのが、バイクの魅力の1つと言えるでしょう。
ところでトヨタから販売されている車種の1つに、ハイエースがあります。実はそれは、小回りとは大きな関係があるのですね。

 

半径が小さいので小回りが利く車種

 

ハイエースという車種は、数ある車の中でも比較的サイズは大きめではあります。少なくとも軽自動車などに比べれば、かなり大型の車であることは確実でしょう。それだけにハイエースに小回りが利くという話は、少々意外に思われるかもしれません。
ところが実際にハイエースに乗っている方々からすると、その車はかなり小回りが利くのだそうです。実際その車に乗ってみてから数日ほど経過した方がいらっしゃるのですが、余りにも小回りが利くので驚いたのだそうです。見た目とは裏腹に、とても軽快な動きをする事ができる車なのですね。
参照先:ハイエースの買取・下取りで高く売り切る高額査定術

 

というのも車の専門用語の1つに、最初回転半径というものがあります。その半径は、カーブをする事ができる時の円の半径ですね。
コーナリングをする際には、少なくとも車は円形の動きをする事になるでしょう。もちろんその円には半径があるのですが、それは車によって色々異なるのですね。半径が大きな車の方が、ちょっと小回りは難しくなる傾向があります。バスなどは、やはり半径は大きくなる事が多いでしょう。もちろんバイクなどは、かなり半径が小さくなる傾向があります。
ところでハイエースという車種は、数ある車の中でもその半径がかなり小さめなのですね。コンパクトカーに匹敵するほどの半径を誇っていますので、それだけコーナリングをしやすい訳です。見た目はとても大きいのですが、案外と小回りが利く車ですので、実用性はとても高いと言えるでしょう。

 

ましてハイエースの場合は、多くの荷物を積むこともできます。大量の荷物を積んでいる以上は、もちろん車をどこかにぶつける事はできませんね。しかしその車種の場合は小回りが利くので、車がどこにぶつかってしまう確率も低くなる訳です。
ですので思ったよりも軽快な動きをする事ができるのが、ハイエースという車種の魅力の1つと言えるでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/19 15:38:19

車の売却を考えている方によっては、10年落ち車を持っている事もあります。そのタイプの車の場合は、業者の選別が非常に大事ですね。
一般的に古い車の場合は、ちょっと売却も難しくなる傾向があります。しかしそれでも買い取ってくれるお店もあるので、選別は大切になる訳です。

 

業者選別が大切な10年落ち

 

まず10年落ち車の場合は、お店によっては買取が困難な事があります。無料引き取りになれば良い方で、中には有料引き取りになってしまう業者もあるのです。車の処分をせざるを得ないので、処分料金が徴収されてしまう業者もある訳ですね。ちょっとそれは悲しいでしょう。
それに対して、10年落ちの車でも買い取ってくれるお店もある訳です。それも十数万円位の値段が付くお店も、決して珍しくはありません。ですのでお店選びを誤ってしまいますと、ちょっと金額的に損をしてしまう可能性がある訳ですね。

 

買取会社の実績を確認

 

ではどうすれば最適なお店を選ぶ事ができるかというと、ホームページを見てみるやり方もあります。いくつか有名なお店のホームページを見てみる訳ですが、その際に買取実績という欄に注目してみると良いでしょう。
実績の欄を見てみますと、10年落ちの車が買い取られているかどうかを見極めることができるのです。なぜなら買取実績の欄には、必ずと言って良いほど車の年式が記載されています。
それで10年落ちの車に対して高値が付いている実績が見られた場合は、その業者では値段が付く可能性があるでしょう。逆にその実績が見られない業者の場合は、ちょっと慎重になった方が良いかもしれません。
このように買取業者の実績の欄を見てみると、売却しようと思っている車に関する有益な情報を得られる訳ですね。ですので実績欄は、一通り目を通しておく方が良いと思います。

続きを読む≫ 2015/05/19 12:37:19